月別アーカイブ: 2014年9月

24時間風呂で長湯をする時の注意

長湯するときには水分補給を十分にすることが必要です。

特に半身浴のようにぬるめのお湯にゆっくり入る場合には、十分な水分補給が必要となります。

長時間入浴すると体内の水分がどんどんと汗をかきますので、そのまま水分を取らずにいると脱水症状を起こしてりまいます。

体内の水分が不足すると汗が出にくくなり、体温調節が出来なくなりますので、血小板が凝固して血液濃度が上がったりするので大変危険です。

長湯をする時には、入浴の前後だけでなく、ミネラルウォーターやスポーツドリンクなどを浴室に持ち込んでしっかりと水分を摂りましょう。

24時間風呂はいつでも入れる便利なものですが、体調管理にも注意しながら、健康的な入浴に24時間風呂を利用しましょう。