今年も梅雨の季節がやってきますね

毎年の梅雨の季節で一番の悩みが洗濯物が乾かないことではないですか?

そう、今年もそんな時期になりました。

日本には四季があり楽しみや喜びが沢山ありますが、寒暖の差だけでなく、乾湿の差が激しい地域ですので、季節に対応するのが結構大変だったりしますよね。

梅雨の時期のためだけに浴室乾燥機を購入するのは、ちょっと・・ と思われるかたにお勧めなのが24時間風呂です。

これなら、水道料を節約できるだけでなく、一日中いつでもお風呂に入れて・・

さらに、これからのじめじめした季節は浴室が乾燥室になっちゃいます。

24時間風呂の便利さを分かったら止められなくなりますよ!

 

足湯ってどんな仕組み?

温泉地や観光地に行くと、最近あちらこちらに「足湯」がありますよね。

足湯って温泉地だけにあるのかと思ったら、意外なところにあったりします。

イベント会場やスポーツ施設なんかにもあるので、いったいどんな仕組みになっているのか不思議だと思いませんか?

実は、足湯は旅館やホテルの大浴場と同じようなシステムで、一言で言えば「24時間風呂」のシステムを利用しているんですよね。

24時間風呂の循環システムは、他にもエステやカイロプロテックやいろんなところで活躍しているようです。

足湯のことが気になったら24時間風呂専門の会社に問い合わせてみるといいかもしれませんね!

 

 

24時間風呂の電気代

24時間風呂を利用すると、電気はどうしても高くなってしまいます。

何しろ24時間電気を使用している訳ですから、これだけはどうしようもありません。

しかし、電気代を節約する方法は色々とあります。

これから、季節は夏になりますので、秋口まではあまり電気代を気にする必要なないかもしれませんが、寒い時にいかに節電するかが肝心です。

一番簡単な節約方法は、お風呂の設定温度を最低温度に設定して、入浴する直前にガスで追い炊きをするのが効果的です。

また、暑い時期は、ヒーターをオフ(OFF)にしてもあまり温度は下がりませんので、追い炊きをする必要がない事もあります。

このほかにも節電方法は沢山あります。

一般的に24時間風呂は贅沢品だと思われており、確かに電気代や消耗品の費用はかかりますが、それ以上に時間の節約や便利さは使ってみれば納得できるでしょうね!